一日も早く 

又、まさかの自然大災害が起こってしまいました。

一日も早く・・・と、何を願えばいいか分からなくなりました。

でも、一日も早く、と願います。












スポンサーサイト

[2014/09/29 16:32] | TB(0) | CM(0)

いつまでも 

愛するちびぶが6月、天国へ旅立って3ヶ月と5日が経ちました。

GWの頃はまだまだ元気だったので、8月の22歳(人間年齢104歳)のお誕生日は盛大にお祝いしようと思っていたのに叶いませんでした。

5月末、お向かいのお家が取り壊される事になり、母が亡くなって以降なにかにつけて頼りにしていたHさん一家が引越しをされる前後、何度もHさんのお家を見に出掛けていたちびこ。
Hさんのお家の庭をセカンドガーデンのように散策していたぶーすけにとって、その変化は見過ごせなかったのかもしれません。

そして取り壊しの日、やっぱりどうしても気になるようで、ちゃんと歩けなくなっていたのによろけながら外に出て見守っていたぶぶこ。
1時間過ぎてもまだいるちびこに、もういいよね?と抱き上げ、二人でお家が無くなる様を見届けた後しばらくして、ちびも旅立ちました。

息をするのも苦しいであろうに、立ち上がろうとしたり歩こうととしたり、懸命に生きようとするちびすけの姿に命の力の強さを感じました。
生き物は、すべからず最期の時を迎えるまで「生きる」のだとちびぶは示してくれました。

21年と9ヶ月。

ちびが生まれた時26歳だった私は48歳になり、長い長い歳月数え切れない変化と出来事の全てにちびぶがいたんだと思うと、改めて感嘆します。

いつもいつも一緒にいた存在がいなくなってしまったさびしさと空白に、少しずつ自分を慣らし「生きていく」のも生命の力の強さなんだと、母とちびぶに教えてもらった気がします。

ありきたりだけど、心からありがとう。


              P1010495_convert_20140907221132.jpg  
                                                             

                                    いつまでも大好きだよ。



今頃、大好きな母にべったり甘えているんだろうな~。よかったね、ちびぶ 





(注)ちびこ、ぶーすけ、ぶぶこ、ちび、ちびすけ、ちびこ、すべてちびぶの呼び名です。





[2014/09/07 22:23] ねこ | TB(0) | CM(0)