わだすの肌はわだすが守る!<クリーム編> 

あっという間に一日が終わります。

毎年、新しい年を迎えて3日後くらいに「あっという間に‘もう一年が終わるよー!’なんて言ってるんだよね」と新年の挨拶みたいに友達と言いあいますが、明日から2013年の師走です。早すぎます。

一日20時間に短縮されていないでしょうか。

季節の変わり目(をとっくに過ぎてしまって今更ですが)諸条件で乾燥してしまいがちですが、冬はずっと続くから困りますよね。
皆さんは乾燥、どうですすか?

私は最近、腰(仙骨近辺)を何気にぽりぽりして、ふと気付くとちびぶ(猫)に引っかかれたようなミミズ跡になってました。げげーっ!

リズミカルの命ともいえる仙骨をこんなにしてはいかんぜよ!とクリームを必死に塗ってごめんねしました。

乾燥から肌を守ってくれるクリーム、みなさんはどんなものを使っていますか?
私はお顔のクリームも作っています。
前置き長くなりました。 ずぼらでも出来る簡単手作り基礎化粧品のご紹介シリーズ第三弾はクリームです。

<材    料> キャリアオイル:15ml、ミツロウ3g、シアバター2g、精油4滴 
  *今回のキャリアオイルはホホバ。シアバターがない場合はミツロウを5gで。

<用意するもの> クリームをいれる容器、ミツロウとシアバターを溶かす小鍋、竹串、湯せん用の鍋

cream-1_convert_20131130173510.jpg  左端の小鍋、100均で購入


1)オイルをいれた小鍋にミツロウとシアバターを入れ、湯せんします。 *湯(ゆ)せん:暖かいお湯に浸して暖め溶かす

cream-2(yusen)_convert_20131130164417.jpg  湯せん用のフライパンも100均


状態によりけりですが、ぐらぐら煮えたぎったお湯じゃなく、余熱でOK.

cream-4(yusen)_convert_20131130164519.jpg 上の写真より、つぶが解けてるの、わかります?


シアバターはすぐ溶けますが、ミツロウはわりとがんこものです。
フライパンのお湯の温度が下がったかなぁと思ったら再度加熱してお湯にします。

cream-6(yusen)_convert_20131130164624.jpg 溶けたくないんじゃー!byみつろう


溶けてくれました。

cream-7(yusen)_convert_20131130164820.jpg  無念 byみつろう


2)熱いうちに、容器に入れます。

cream-8_convert_20131130164849.jpg


3)竹串で優しく混ぜます。

cream-9_convert_20131130164951.jpg  ぼかさないでよー(怒)byみつろう+しあばた

混ぜていると少しずつ固まってきます。
ほんとにダイジョウブ?と不安になるかもしれないけれど、ダイジョウブ。あせらず優しく優しくまぜまぜ。

cream-11_convert_20131130165054.jpg


しっかり弾力を感じるようになったら(↓こんな風に)

cream-10_convert_20131130165026.jpg 



4)精油を入れます。

cream-12(seiyu)_convert_20131130165201.jpg  月桃:2滴、マジョラム:1滴、カモミール:1滴

今回、初の試み。
・月桃(ゲットウ):100kgの葉から100gしか抽出できない、超貴重な沖縄原産の精油。保湿&収れん作用でお肌引き締め。
・マジョラムスイート:幸せを象徴するハーブ。身体を温める作用あり。小じま・くまを改善。
・ローマンカモミール:ハーブティでも有名。鎮静効果あり。肌荒れ・乾燥肌・にきび肌を改善。


5)優しくゆっくりかき混ぜて出来上がり。 時間を置くと、固まってきます。

cream-13(kansei)_convert_20131130165234.jpg


カモミールのさっぱりだけど優しい感じと、月桃の爽やかさ、マジョラムのすっきり感、うーん美味しい~。


クリームの材料、色々だけど基本形はこんな感じです。

お値段的にはおしみなく使えるのに、かわいくて大事にいつまでも使っていたくてケチりそうになります。本末転倒(笑)

夏以上に乾燥するこれからの季節、お互いお肌のうるおいを守りましょう!




スポンサーサイト

[2013/11/30 22:59] つくる | TB(0) | CM(0)

おぉーーーーーー! 


野球に全く興味のない私ですが、今回の日本シリーズは、くぎづけ。

楽天ー!がんばれー!



[2013/11/03 20:28] ただのおしゃべり | TB(0) | CM(0)