サスケ参上! 

我が家は、女だらけでした。

男は父と弟の二人、女は母と私と妹2人の四人、そして歴代の猫3匹は全てメス。
弟が大学予備校生で家を出てからは、男は父一人。

さみしかったんでしょうか。
オスの柴犬を飼いたいと言い始めた父。

飼ってもどうせ世話をせず、母と私の用事が増えるだけなのは目に見えていたので、女二人結託しました。
父は不精で一人で探す気力はないのをいい事に、無視して知らない事にしていたのに、ある日、柴犬のオスの子犬・サスケがやってきてしまいました。

か・カワイイ

だけど、うるさくてめんどくさくて大変で、案の定、世話放棄する父。
どうして飼ってしまったのか、どれだけ後悔したことでしょう。

私が家を出る、遠いひとつの原因でもありました。


そんなサスケが可愛くてたまらなくなったのは、去年、母が入院して実家に戻ってきてからです。

一緒にいる時間が増えると、見えなかった事や、見ようとしなかった事が見えてくるんですね。
猫には欠片もない「ご主人命」 重く感じていたのに、たまらなく愛おしくなりました。

今は親ばか発揮で、サスケに歌を歌いながら寝かしつけます。
「サスケはいい子いい子ね~サスケはかわいいのぉ~サスケいい子いい子ね~~


そんなサスケ、オレがこの家とご主人様を守るんだ!と思ってるとは思えないけど、凄い番犬です。
だれかれ構わず吠えます。
宅急便の車が到着する数秒前に吠え始め、ピンポンで最高潮。「黙れ!」とどついても吠え続けます。

時に私に向かっても吠えることがあります。
「ばかたれ!あたしだー!」と叫ぶと、さすがに鳴き止みます。「しまった・・」って顔しながら。

そんな番犬サスケ、サロンをひらくにあたって「うぅむ。どうしよぉ。。」と頭を痛めていました。

その事をよっちゃん旦那のきっちゃんにぽろっと話したら「いいじゃん、吠える犬がいるって、なんか親しみ感じるよ」って。

それでリーフレットに【お願い】で登場させました。
サスケが吠えるのは、歓迎と感謝の気持ちが溢れているからです、と。

「しつけがなってない!」と批判があるかな。。と不安だったのですが、「犬に会いたい」「いいねぇあれ」とサロンのことよりコメントが多いかも


どうぞ、サスケも宜しくお願い致します。

さすけ ほえるけどワルギはないの

スポンサーサイト

[2012/10/30 13:55] いぬ | TB(0) | CM(0)

今宵は・・ 

昨日のお月様、雲に囲まれて幻想的でした。

雲がまるで目玉焼きの白身のようで、おいしそー

今夜の満月さんのどんなお味かなぁ~


それにしても寒くなってきました。
松本は今週半ばの最低気温が氷点下予報です

ちびぶは暖かいところ、暖かいところへと見事に移動していきます。
ちびひだまり
夏には見向きもしない南側の和室の陽だまりで日向ぼっこ寝。いいなぁネコは。。


[2012/10/30 12:22] ただのおしゃべり | TB(0) | CM(0)

LISUN内部公開 

皆さんはどんな情報で「ここ行ってみたいかもぉ」って思われますか?

判断する情報のひとつに、お店の雰囲気がありますよね。
私は見た目重視タイプなので 雰囲気結構大きいポイントです。

そこで、LISUNの内部を一部、ご紹介します。

room_convert_20121028173358_convert_20121028175026.jpg 


todana 時計は新宿でひとめぼれ即買いしちゃった



todana

うーん、これらの写真を見て「行ってみたい」 って思えない


[2012/10/28 18:05] LISUN~りすん~ | TB(0) | CM(0)

精油について 

このブログの本来の目的である <LISUN> について、久しぶりに 書いてみます。


LISUNで行うリズミカルボディ(R)トリートメントは、アロマトリートメントです。
アロマトリートメントっていえば、精油-せいゆ-/エッセンシャルオイル です。
精油ってなあに?って方も沢山いらっしゃると思います。
そこでちょびっとお話を。

精油は、植物の芳香物質を、さまざまな部位(花、葉、樹皮、根、蕾、果皮、果実、等々)から抽出した液体です。
主に炭素・水素・酸素から成り立っている有機化合物で化学物質です。

高校で「有機化学」習ったこと、覚えていらっしゃいますか?
 こういう形に-CH とか -C とかくっ付いたりする、不思議な記号が有機です。

精油は植物の香り成分を集めたものなのに、香りって化学なの?!?ってびっくりした私です

植物毎に違う匂い成分のある部位を集めて、それぞれに適した方法で、匂い成分だけを抽出します。
抽出する為に、その部位が相当な量を必要とします。
その最もたるものが、女性にファンの多い ローズ。
1kgの精油に必要な花びらの量は、なんと3トン!!! ゆえにとてもとても高価です。

なんでも高ければいいってもんぢゃあないけど(100均の商品だって侮れませんものね)多くの商品の値段は品質に比例します。 精油もしかり。

それに精油は、さまざまな形で私達の身体に吸収されます。
だからこそ、品質は大切です。 と、セラピスト友達に諭された私 

アロマトリートメントを受けられる際、どんなメーカーの精油なのか、消費期限は大丈夫か(特に柑橘系)など、確認してくださいね

LISUNで使用する精油は【フロリアル(フロリハナ)社】です。

フロリアル


フロリアル社は、南フランス コートダジュールに蒸留所を持つメーカーで、フランス政府認定期間ECOCERT によってBIO(オーガニック)認定を受けています。
又、公益社団法人日本アロマ環境協会表示基準適合認定精油でもあります。

精油の原液塗布は絶対いけません!
その為、キャリアオイル(ベースオイル、とも言います)に混ぜて薄めて使います。

そのキャリアオイルは、アクアヴィーテ社オリジナルのオイルを使用しています。
 アクアヴィーテ
マカデミアナッツオイルをメインに、セントジョーンズワートオイル、ホホバオイルなどブレンドしたりもしています。


精油はメーカーによって、同じものでも香りが異なります。
比較用に、以前私用で使っていた物もいくつかあるので、香り比べをしてみてくださいね


[2012/10/28 16:46] LISUN~りすん~ | TB(0) | CM(0)

自慢 その6 

自慢シリーズの3番手に登場した『ジュレ・ブランシュ』、ここで私は本当に沢山の人達と出会いました。

その一人、民ちゃんはフリーのブライダルメインのカメラマンさんです。

ジュレのスタッフは飲食関係の人が多いのですが、私と民ちゃんは畑違い仲間。
プラス、彼女がカメラマンになった経緯と、私がリズミカルセラピストになった経緯が、なんとなく似ていた事も手伝って、なんだか意気投合 リズミカルのモデルも2回もやってくれました。

彼女のHPに載っている結婚式の写真を見ていたら(お酒が入っていたからか) 涙がぽろぽろ。

幸せ、って一言じゃ表せない喜びや、胸いっぱい溢れる気持ちが、写真からこぼれて、伝わって、感動して、涙が止まりませんでした。

こんなに暖かい気持ちの写真を、私は見たことがありません。

結婚しないであろう私は、民ちゃんにウェディング写真をお願いが出来ず、それはもう本当に残念!!!(笑)


そんな素敵な写真を撮る民ちゃんは、来年1月にお母さんになります。

お母さんになったら、どんな写真を撮るのか、とてもとても楽しみです


民ちゃんに頂いた、優しいのに、豪華な花束  from+tamichan_convert_20121022211025.jpg

自慢の民ちゃんのHPは アリエッタ




[2012/10/22 21:17] ありがとう | TB(0) | CM(0)

韓国・済州島(チェジュド)・ソウル  

P1000244_convert_20121020165444.jpgだんごちびぶ


羽田着後、私はそのまま松本に帰ったので、慌しく一人先に空港を後にしました。

又5人そろって顔を合わせられるのはいつだろう。。





続きを読む
[2012/10/20 16:39] おでかけ | TB(0) | CM(0)

韓国・済州島(チェジュド)・ソウル <注意事項 編> 

あっという間に帰国の日

短いようで長い4日間でした。それだけ楽しかったってことなんだなぁ。


と、感傷に浸るどころではなく、帰る間際までどったんばったん。
特に荷物!チェックインに最後の大騒ぎ。これはガイドさんもいけない

最近、帰国時の預け荷物の重量制限はとても厳しく23キロを1キロたりともオーバーするとと返されます。
別料金払って(重さによるけど今回は5千円くらい)別送品にするか、手荷物に出来るなら手荷物にします。

23キロ守って下さい!とガイドさんに聞いていたんだけど、預け荷物が1つだけとは聞いておらず、2つで23キロのつもりでパッキングしてました。
又、手荷物に水もの以外にも、生ものは駄目と聞いていたので、そのように準備して持って行ったら、1つしか駄目!生ものも一部手荷物OKというではないですか。

みんなで荷物ひっくり返して再度パッキングでおおわらわ。

皆さん、海外旅行、特に食材や化粧品を沢山買おうと思ってる方は、一番でかいスーツケースで行きましょう。
そして、化粧品(ジェルの類も)もキムチもなんでもかんでも(でも23キロ以内)スーツケースに入れて預け荷物にしましょう。
でないと没収されます。(私はおろかにもジェルを手荷物にしたら駄目で、諦めました)

3年前はOKだった事が×になってる事もあったし、色々変わっていました。

皆さんも気をつけてくださいね



[2012/10/20 16:31] おでかけ | TB(0) | CM(0)

韓国・済州島(チェジュド)・ソウル <ちょびっと食事編> 

3日目の夕飯はインサンドンで適当に入ったお店でキムチチゲ、トッポギ、ヂヂミ盛り合わせオーダー。
軽くするつもりが、またしてもお腹くるしー!

P1000223_convert_20121020152504.jpg
こちらトッポギ。もちもちして美味しかった~。ムール貝沢山。


P1000224_convert_20121020152530.jpg
キムチチゲ。豚肉もキムチもデカイまま。自分達で切って食べました


このお店(多分「オサミ」って名前。「オサンイ」かも。TEL:739-5332)珍しく日本語が通じなくて、日本語メニューもありませんでした。
でも、地元の人が行くお店って感じで、雰囲気よかった(もちろん味も)。
リピートするぞー!って思いました。


最終日、ロッテホテル本館での朝食はバイキングに。

P1000225_convert_20121020155246.jpg
さすがロッテ。朝からお酒も飲み放題でした。飲めなくて超残念!!!!

不思議なもので、ずっと韓国料理食べてると、美味しいけど飽きますね
あれもこれも食べたくて、2時間くらいここにいたかったー。

きっとそう思う人たくさんいるんでしょうね。
BGMは運動会のテーマ曲だったり、「天国と地獄」だったり、とにかくせわしいものばかり。
さっさと食べて、はよ行け、って事でしょうか



お昼時間に移動だったのでお昼を食べてなかった私達、帰国間際のどたばた騒ぎでまたもやお腹ぺこぺこ。

金浦空港に食堂が全然なくて、仕方なく1軒だけあるカフェじゃないお店で、おうどんとキムパを食べました。

P1000227_convert_20121020155336.jpg日本のおうどん、海苔巻きでした。


もっと色々食べたんだけどなぁ。
空腹過ぎると写真撮る余裕がないってよーくわかりました。気をつけよっと。

今回、お肉が駄目な叔母ちゃんが一人いて、韓国行ったのに、焼肉食べてないんです。
お魚大好きだけど、焼肉食べたかった。。

リベンジしに早く又行かなくちゃ!


[2012/10/20 16:19] おでかけ | TB(0) | CM(0)

韓国・済州島(チェジュド)とソウル 3日目 

前夜、寝る間際に花咲いたお喋り。寝たのは2時過ぎ。
なのに、朝6時頃パーフェクトに起床していた叔母ちゃん達。

尊敬。。。

さて、3日目は午前中にソウルに移動です。
久しぶりにご飯じゃない朝食をと思ったら、長蛇の列
止む無くコーヒーラウンジでコーヒーとパンだけの朝食済ませて、チェジュ。

chejyu hotel ラマダプラザ 正面玄関

ソウルのホテルは、動くのに楽なロッテホテルにしました。
ラマダプラザもそこそこ大きいホテルなんですが、さすがロッテ。
やっぱりデラックスホテル、いいわぁ~

早速、南大門市場へ
続きを読む
[2012/10/20 15:19] おでかけ | TB(0) | CM(0)

韓国・済州島(チェジュド)とソウル 2日目 

がさごそがさごそ、ひそひそ声で目覚めた2日目の朝。

そうです、おばちゃん達はお目覚め がとてもとても早いので、目覚ましなんて不要でした

ホテルの目の前にある食堂でアワビ粥を頂いて、島の東側の自然遺産巡りに出発~

あわび粥 
あんまり美味しそうに見えない。実際もそんなに美味ってんでもなかった


チャーターしたタクシーのおじさん、それはそれは日本語が堪能で(この方に限らず皆さん本当にお上手) 親父ギャグも素晴らしく、車中ひんやり

続きを読む
[2012/10/17 17:07] おでかけ | TB(0) | CM(0)

韓国・済州島(チェジュド)とソウル 1日目 

行って来ました 韓国3泊4日。

親戚のおばちゃん達、御年62・69・70・72才だけど、みんな元気元気!

想像以上に楽しくて、いっつも笑っていました。お腹かかえて、げらげらと。

笑うっていいな、ってなんだか改めて感じました。

そして、女子は幾つになっても女子で、わいわい・キャーキャーしてる姿はとてもカワイイです


続きを読む
[2012/10/15 14:50] おでかけ | TB(0) | CM(0)

おやすみします 

10/8(月)~12(金)まで、LISUNお休みします。

母方の叔母達と総勢5人、韓国の済州島とソウルに行ってきます。

済州島は、沖縄のようなリゾート地。
アワビやタチウオが名産品だと言うことで、海産物好きの私にはまさに天国

それだけでもウヒョウヒョなのに、黒豚さんやカルビさんもいらっしゃるし、この季節、マツタケさんもおいでになります。どうしましょお


行ってまいりま~す



[2012/10/07 12:22] LISUN~りすん~ | TB(0) | CM(0)

自慢 その5 

              お祝い


とってもご近所なのに全然知らなくて、ジムで仲良しになったのが【鍵さん】でした。

フルマラソンはもちろん、トライアスロンにも出ちゃうアスリートの彼女は私のちょっとお姉さん。
いつもニコニコして、誰にでも同じ態度で接していて、見ていてもお付き合いしても気持ちのいい稀有な人です。(そとづらだけいい、って人いますからね)

いつも美味しいお土産持参でモデルに来てくれた (ありがとー のですが、彼女の弱点はおなか。
リズミカルではおなかへのアプローチが結構重要(※)なんですが、彼女はくすぐったがってしまって出来ないのです。 
※お腹の下には大動脈が走っているので、お腹を優しく確実にトリートメントすると足先まで暖かくなります。
  これからの寒い季節、なにかにつけ、優しくお腹をさすってあげるといいですね。


あれこれ工夫するんだけど、どうしても駄目で、しまいには私も笑っちゃって「こりゃだめだ」(笑)

サロンについても色々アドバイスしてくれて、「 早くオープンしてね!楽しみだよぉ~ 」といつも言ってもらいました。

でも、私はジムを止めたので接点は少なく、正直そんなにすっごく親しいわけではないので、お祝いのお花が届いた時は、本当にびっくり

とてもエキゾチックで珍しい胡蝶蘭にアンセリウム、アジサイなど、素敵なお花達。
アンセリウムと胡蝶蘭は一部、1ヶ月半以上もの長い間、綺麗に咲いてくれました。

鍵さん、お腹触っても笑わせないから、又来てね



[2012/10/05 17:13] ありがとう | TB(0) | CM(0)

最強のふたり-untouchable- 

大好きな映画、好きなドラマや音楽、お芝居、本などについても、ちょこちょこ書いてみたいと思います。

記念すべき(?)第一回は映画のお話で、現在松本でも上映中のフランス映画 『最強のふたり-untouchable-』

最強のふたり
松本では、こういうミニシアター系の映画を(自分の都合で)滅多に見れなくて悔しい思い、さんざんしたものです。

私は単純なので、難しいひねりのない、ハッピーエンドが好きです。
そして何故か父子ものとか、男同士の友情とか、男子二人に弱いです。
それ狙いじゃなかったけど、この映画も男二人のお話でした。

見る前にたくさん予備知識があると、見る時に「感じる」部分が減ってしまうので、あえてストーリーとか書きませんが、事実に基づいた話だそうです。


「アロマの学校」の宮川校長先生は、人に気を遣わないんだそうです。
なぜならそれは、『上から目線による行為』 だからだそうです。
(直接ご本人から聞いてないので、違う解釈をしてるかもしれません)

私は気が小さいので、人に気遣いをし過ぎて、うっとおしいと思われてる?と思う事があります。
(どこが?!とブーイングの声、あちらこちらから

宮川先生のいわんとするとこは、なんとなくわかるんですが、私は決して上から目線なんかじゃないんだけどな。。。と思っていました。

この映画の主人公の一人、フィリップは諸事情で自分の世話をしてくれる人を探しています。
沢山いる候補者の中から、もう一人の主人公ドリスを選び、雇います。
他の候補者に比べ、何の知識も経験もないドリスを選んだ理由は「自分に同情しないから」。

同情も気遣いも、一歩間違えれば、上から目線です。
宮川先生のおっしゃる気遣いしない、って、フィリップに対するドリスのそれ、ドリスに対するフィリップのそれで、こういう事なんだなぁって思ったのです。


この映画の何より素晴らしいと思うところは、全編笑いに溢れているところです。
(3日の13:50上映、後ろから聞こえた笑い声は私です)

そして音楽! クラシック好きな私としては、美しいクラシック音楽の数々に鼻血ブーです
又、クラシック曲に対するドリスのクールな解釈が素晴らしくて大好き

笑って、じーんとして、考えて、最後にあったかい気持ちになれる、良品の映画だと思います。

今のところ、今年見た映画でNo.1かな。
DVDとサントラを買う!と即決した映画です。

皆さんも是非一度観てみてください



[2012/10/03 23:01] だいすき | TB(0) | CM(0)