佐伯チズさん 

先日、松本で新聞社主催ヤクルト協賛の講演会があり、佐伯チズさんも出演されると聞いたので
出掛けてみました。

講義は

(1)大腸がんの権威でいらっしゃる京都府立医科大の特認教授の石川秀樹先生
  ⇒食物繊維と癌の関係性について、便のお話(便秘と下痢の対処法)などをお話

(2)ヤクルト化粧品の研究所今岡所長さん(女性)
  ⇒乳酸菌とお肌の関係

(3)佐伯チズさん 
  ⇒「夢はかなう」スペシャルトーク

の3つ。 いずれも‘へぇ~’ ‘ほぉ~’ なお話ばかりで大変為になりましたが、やはりチズさんは素晴らしかった。

登場されるとホールの通路を全て歩かれて、直接私達に話しかけられるように「ありがとうございます」と
何度もお辞儀をされながらご挨拶されるその腰の低さに、感動すら覚えました。

チズさん曰く「人がやらないといけないことは6つです」 それが、

① 食べる → ② しっかり噛む → ③ 意識して食べる
④ 両手を使う ⑤ 継続する ⑥ いつもドキドキする

⑥は私のアロマの学校の校長先生もおっしゃっていたので、やはり女性(男性も)いつもドキドキときめくって大事なんですね。
因みにチズさんは、そのときめく対象は全てご自分の子供(入場曲は福山雅治)で孫(羽入結弦)にして、ドキドキしているそうです

⑤の継続、男性は得意だそうです。 「止めろと何度言っても止めないタバコと酒」 
私はお酒が止められないので、一部男だ(笑)

④の両手はお肌のお手入れの時がメインですが(片手間にやっては駄目)、両手使いは日本の文化だと仰るのを聞いて、確かに茶道・華道・武道、など日本の文化は両手が『作法の基本』ですよね。


そして①~③の食べること。

私も父と母の最期を見守る中、つくづく感じた食べる事の大切さ。 

人は食べないと生きられない、そんな基本のことが一番おろそかになって一番忘れられて一番おざなりにされてしまうんですね。
と分かっていても、今の私も一人で食べる毎日なので本当にいい加減な食生活になってしまっていて反省です。

その中の「噛む」事が、実はほうれい線にふか~くふか~く関わるんですよ奥さんっ!

鏡に向かって口角を上げてみます。 どちらかが下がっていませんか?

その下がっている方のほうれい線、反対より深くないですか?

それは下がっている側で 「 噛んで 」 でいないからなんですって

私も左が下がっていて、確かに歯の関係や癖で右でばかり噛んでいるので納得。

さあ、ここからが本題です。

それ以降、私は無意識で左側で噛んでいるではありませんか。
一度気付くと、知らず知らずのうちにそのことを気に留めていてリカバリーしようとしているんです。

私はトリートメントを受けてくださった方に、私が感じたお身体の状態をお話します。
「少しここの凝りが強いですね」 とか 「指の腹が疲れていますね」とか。

もちろん聞いた事は忘れるけれど、もし聞いた事が自分の中でヒットすると無意識に意識が向かうと思うんです。
そしてその気付きや気に掛けてくれることを身体が喜んでくれる、そんな風に思うのです。

チズさんのお話がはからずも私の思いを肯定させてくれた気がして、嬉しかった。

と、そんな私の話はおいといて。


チズさんのお話はユーモアたっぷりで、なんど会場中の人が心から笑ったことでしょう。

ファンデーションを塗られていないそのお肌は本当にキレイで皆感嘆しましたが、その美しさはお手入れだけでないチズさんの内面からあふれ出るものと、笑うことだと思いました。

笑えるようになるまで、どれほどの涙を流し辛さを乗り越えてこられてきたのか。

そんな全てが栄養となってビタミンとなってエッセンスとなって、自分の身体を巡り美しさになるのですね。

チズさんは聴く私達に惜しみなく愛情を注いでくれていました。
「皆さんがきれいになると私は本当に嬉しいの」

私も、チズさんには到底及ばないけれど、トリートメントを受けてくださった方が、楽になったと気持ちよかったと感じてくださると本当に嬉しいです。

チズさんのキレイさとホスピタリティが目標のひとつになりました。

目指すぞ、チズさん!



スポンサーサイト

[2016/09/20 13:55] きれい | TB(0) | CM(0)

42度-10分-38℃-2回 

とうとう今年も残り2ヶ月となってしまいましたね。嗚呼。

50を目前に控え、なんだかお肌の衰えをひしひしと感じる私でございます。嗚呼。

どうにかならないものなのかと思っていたところ、耳寄りな情報を入手致しました!

それは『42度のお風呂に10分つかり、体温を38℃に上げる、週2回 』 という入浴法です。

なんでも<ヒートショックプロテイン>という自己回復力を高めるたんぱく質を生まれやすいのが体温38℃の時だそうです。

ぐぐったらサイトがてんこ盛り。 さーっと見た感じではこちらが一番いい感じがします42度入浴法

39~40度のお湯派の私に、42度は熱過ぎる! 
だけど、そんなにいいなら上げましょう、ええ、上げますとも!

そして入った感想は・・・いいじゃ~ん

42度は熱過ぎなこともなく(今の季節だから?)10分も長くありませんでした。

肝心のお肌ですが、たったの1回でまったりとろっ

このまま続けてどのくらい効果があるのか試すことに即決しました。 経過報告もしていきますね。

是非、皆さんもお試しあれ~


そしてこんな方も。。

続きを読む
[2015/11/01 18:09] きれい | TB(0) | CM(0)

氷で美白・その後・ 

いっきに秋、否、初冬の松本ですが、更に涼しい気分になれる氷美白の続きのお話をしたいと思います。

憎きシミ退治、毎日必死に一生懸命はやらなかったのですが 「やべっ」 と思う時は慌てて氷をあてて様子見してました。
その甲斐あってか、今年はファンデーションで隠し切れないレベルまでいかなかったような気がします

紫外線は冬もがっつりいますから、冬に氷はキツイけれど頑張ってみたいと思います。

で、ひとつ思わぬおまけがありました。 ニキビ痕にもいいことはお話しましたが、もひとつ発見。

皆さんのお肌、凸凹ないですか?

私は目の横あたりの側面に、クレーターみたいなデコボコがあります。
いつどうやって出来たのかわからないのは元より、そもそもクレーターがある事に気付いたのが氷美白を初めて顔をしげしげと眺めるようになったこの夏でした。

この凹凸、多くはニキビ跡がひどく残ってしまった場合、見受けられます。
失礼な例えをして申し訳ないのですが、野球の松井秀樹さんのお顔にもありますよね。

素人知識ですが、皮膚の真皮まで影響があった場合、綺麗に再生させるのは困難で跡が残ってしまいます。
ニキビ跡がどうして真皮までいくのかわからないけれど、元に戻らなくて困っている方は沢山いらっしゃいます。

で、この氷美白、なんとなくデコボコ部分にあてていたら、すこーしだけだけど凹凸感が減っていました!
なんでなんでなんで???と不思議でしょうがないのですが、氷で冷やすことによって刺激を与え血の巡りが活発になったから??

さぼるとシミ同様、元に戻るので継続して様子をみていこうと思っていますが、氷美白に興味もたれてお時間ある方はご相伴くださいませ






[2014/10/13 15:56] きれい | TB(0) | CM(0)

夏こそ○○! その2 

寝苦しい夜、皆さんは何を着て寝ていますか?

パジャマ、Tシャツと短パン、ぱんつ一丁、まっぱだか、と色々あります。

私は半袖・半ズボンパジャマがもっぱらですが、時々キャミとぱんつだけの時もあります。

いずれにせよ、タオルケットもそっちのけで、脚をむき出しにして寝てたら、ふくらはぎがつりました。何回も。

どうやらこの時期、つる人、多いようです。

その原因の一つが「冷え」 なんです。
不思議でしょうがないんですが、日中、実は身体は冷えてたようで(こんなに暑いのに)、更にむきだしにしてたら、もっと冷えて、脚がぴきーん
万能ですね、冷えって。

日中の冷え対策は「その1」で書きましたが、夜間の冷え対策として、「長ズボンパジャマ」をお奨めします

たかが布一枚。 されど布一枚。あるとないとでは全然違います。

最近こむら返りで困っている方、長ズポンパジャマで寝てみてくださいね~






[2014/08/06 15:49] きれい | TB(0) | CM(0)

夏こそ○○! その1 

今年の夏、更年期も手伝ってか、単なる加齢のせいなのか、暑さが身に沁みます。
朝の8時に既に25度の日は、もうそれだけでぐったり

我が家は父の寝室以外、エアコンがなく、逃げ場がない為、ついつい冷たいものを飲んだり食べたり。
いけないとわかっていても、暑い時にあったかい飲み物や鍋はキツイです。
で、家にいる時も当然裸足で、寝る時は半そで短パンのパジャマを着用 (時にはパンツとキャミだけの時も で、熱を逃がす事ばっか考えています。

ある日、何気に足を触って「げげっ」 むくみがひどい。
そして熱い筈なのに、なぜかひんやり。
とどめは、睡眠中に足がつって目覚める事が続出。

夏、守るべきは3つの首<首・足首・手首>です。 
冷えはこの三つ首から忍び寄ってくるので、夏こそ守らねばならない箇所なんです。

去年の夏は靴下生活をしていたのに、今年は暑さにやられ脱いでいた事を反省し、慌てて靴下履きました。
そしたら、足のつりはなくなり、むくみもな感じ。

外出時、素足にサンダルは夏の定番で、お洒落も命の女子にとって靴下は難しいものがあります。
なので、家にいる時は是非!靴下を履いて、少しでも身体を楽にするようにしてあげてください。

暑くて、んなの履いてられないわっ、というあなた。

シルクの靴下(5本指なら尚すばらしい)、お奨めします。履き心地爽やかで、むれることもありません。
最初は と感じても、慣れます。気にならなくなります。
逆に脱ぐと肌寒さを感じる位。

夏こそ、靴下 で、冷え対策しましょ~。




[2014/08/06 15:28] きれい | TB(0) | CM(0)