4つの物語~それぞれの世界~ 

今年は台風少ないなぁと思っていたら、時期はずれの台風21号。 
やっと都合がついて行ける!と喜んで‘行きま~す♪’と言ったイベントも‘ごめんなさい’

10月の日曜日、結婚式の方もいらっしゃるかと。。

お仕事帰りのあなたも、休日満喫帰りのあなたも、どうぞみなさん、気をつけておうちへご帰宅くださいね。


久しぶりにアロマも告知も犬猫もいないBlogです(笑)

皆さんは今年の「秋」 どんな秋を過ごしていらっしゃいますか? 食欲?スポーツ?芸術?

私は普段から読書をぼちぼちしていますが、この秋、4人の女性作家が書いた物語を読みました。
いつも読んだ端から内容忘れちゃうんですけど この4冊はいつまでも残っているのでご紹介しますね。


       ・ 島本理生著 「わたしたちは銀のフォークと薬を手にして」 ・柚木麻子著「その手をにぎりたい」 

       4冊

          ・山崎ナオコーラ著「ボーイミーツガールの極端なもの」 ・平安寿子著「神様のすること」

図書館でどの本を読もうか迷った時に、なんとなく書棚にいくことが多いかも?な4人なんですが、4冊同時で借りたのは初めてで、この4冊同時に借りたことで、それぞれ全く違う世界なのにすれ違っているような気がしました。

それぞれの印象を・・・

島本さんの書く世界は、少し江國香織さんや吉本ばななさんに近い感じを受ける私です。いい意味で女子が好きな雰囲気と世界観。
この小説では、しばらく聞いたり目にする事がなかった難病をもつ年上の男性と付き合う30歳の女性、二人の周囲にいる人達が書かれています。 
その難病は最近そこまで治療法が確立されているんだ!を教えてもらいながら、もし自分だったら・・と思ったり。 そして、その年代の女性が年上と年下の男性の間で揺らぐ気持ちが、懐かしかったり。

柚木さんは「3時のあっこちゃん」を読んで好きになったんですが、この小説はバブルのほんの少し前から始まるので、リアルタイムでその頃を知っている私としては時代背景も懐かしく。 
小説のタイトルが小説の全てを物語っている小説はいくつかあるけれど、この本が一番かも。 
柚木さんの食べ物描写はあっこちゃんシリーズでも定評ありますが、この本は辛い!(笑) 
あるお店に走りたくなります。

山崎さん、好きです。 告白みたい(笑) 
少し前に読んだ「可愛い世の中」もすごく良くて、でも内容を完全に覚えていないのですが
この小説は本当にいろんないろんな‘ボーイミーツガール’が描かれています。どの出逢いも深くて味わいがあってズンときます。
一緒に紹介されているある植物。そんなこんなものがあるんだ!とびっくりしました。私は海王丸が一番タイプかな。

平さん、アメリカの作家アン・タイラーが好きでこの名前を付けたそうです。
この作品に限らず私が読んだ限りでは全て、ひょうひょうとしている描写、くどくどしていなくて、さっぱり爽やか。 
この小説では「介護をしている」世界をそんな風にさらっと書いていて重くない。けど、じっくりくる。
介護をしている方はたくさんたくさんいらっしゃいますが、どんな介護もそれぞれの立場で何億何兆と違います。どんな事もそうだけど、経験してみないとわからない世界のひとつを見せてくれます。


4人の女性作家の描くスタイルや様や色々含め、全く違う世界の物語なんですが、ひとつに感じました。

ああ、そうか。精油をブレンドした時みたいな感じなのかも。

個々では全く違うのに、合わせると、その合わせ方でも全く違う生き物に変化する、そんな感じかな。

あれ、アロマが出ちゃいました(笑)

興味もたれたら、是非読んでみてください。そして感想を聞かせてくださいね



スポンサーサイト

[2017/10/22 17:28] すき | TB(0) | CM(0)

夢はせつなく ~ばしゃ馬さんとビッグマウス~ 

久しぶりにイベントネタ以外のお喋りです(笑)

皆さんは若い(幼少含め)頃、夢ってありましたか? ○○になりたい、とか□□になるんだ!とか。

‘夢見る夢子’の私はそりゃもう数え切れないほどにありました。

熱しやすく冷めやすい性質は当然夢にも反映され、ひとつの夢はあっという間に他の夢へと姿を変え、当然夢は夢で終わり。

今は大好きなリズミカルボディ(R)セラピストとして、LISUNというお店を曲がりなりにもやっているので、
「夢が叶った人」の部類に入ると思いますが、でも.....なんとなく、LISUNは夢とは違う感じがします。


映画 「 ばしゃ馬さんとビッグマウス 」 のみち代さんは、飽きっぽい私と正反対。

しつこくしつこく諦めずにずーっとひとつの夢を追いかけます。 
これでもかってめげずに、自分の限界を全く無視で(笑)がむしゃらに突き進みます。 
だから‘ ばしゃ馬さん ’

かたや、なーんにもやってないのに言う事だけはご立派(私に近い)な若者は、一生懸命なみち代さんでなくとも‘あんたやってから物を言え!’と腹が立つほど。 口だけ男で‘ ビッグマウス ’

みち代さんが34歳という年齢設定がよりリアルに現実と夢を映します。

昔の彼にしか弱みを見せられる、聞いてくれる人がいない リアル。
その昔の彼に実は迷惑がられてしまう、わかっているのに他にいないから頼ってしまう リアル。
そして・・・な リアル。

才能がないとわかる一方、絶対自分は大丈夫と信じる リアル。
自分が思い描いていたレールを友達が辿るのを横目でみる リアル。
終わるためのタイミングややり方がわからないリアル。

そして、最後は観ている私達に紛れも無い「現実」をみせます。 

セラヴィ、それが人生。 とわかっているけど、夢は切ない現実。

みち代さんが仕合せになっていることを、切に願います。


麻生久美子さん、いい女優さんですね。ほんとに。





[2015/11/19 12:27] すき | TB(0) | CM(0)

オラも、あまらーだぁ 

終わっちゃいましたね、あまちゃん。

私は結構かなり朝ドラフリークですが、今回は本(脚本)がクドカンさんだったので、要チェック!!!
もちろん初回から見ていました。

続き物(テレビ=ドラマ)は拘束されるからキライ、という双子ママ・麻衣ちゃんにも「だけど面白いから一度見て!」と口説いたら、私よりファンになっていました(笑)

その麻衣ちゃんから、ずっとずっと昔「映画もドラマも『脚本』が命。本が駄目だといっくら役者やスタッフがよくても駄目。逆に本がよければ、へたくそ役者でも救われるのよ」と聞いて「なるほど~」と思った私。
以降、まるで持論のように「やっぱり『本』が命ね」と言ってたオラだぁ。

あまちゃんで改めて、いや初めて知ったのは、宮本信子さんのうまさ (私が言うのはおこがましすぎますが)。

そして脇を固めた全ての人達のうまさ。

みんなきらきら輝いていて、誰一人脇じゃない感じ。

私のNo.1朝ドラは「ちりとてちん」なんですが、ちりとてでも思ったのは‘ヒロインだけが突出してない、みんなが主役’が、あまちゃんにもありました。

ちりとてちんになくてあまちゃんにあったもの、それは「歌」です。

薬師丸ひろ子さんは私の一つ上。
デビュー作「野性の証明」から好きでしたが、「セーラー服と機関銃」の歌を聞いてぶったまげました。
すっごく好きな声。すっごく癒されるし、うまく言えないけど、うまい。

私は忘れていたのですが、7月頃、麻衣ちゃんとデートした時に、私が薬師丸ひろ子の歌のうまさを熱く語ったら(しい)「そうだっけ?」な反応だった麻衣ちゃんから【前言撤回】メールが来ました。
最終回の3日前(?)に薬師丸ひろ子が歌った「潮騒のメモリー」を聞いてしたと。

私も録画したのを繰り返し見て聴いてしまいました。
なんであんなに感動しちゃうんでしょう。
「千円かえして~」もしんみり聞いてしまうのは何故でしょう?

薬師丸さんには是非、又CD出して欲しいです!もちろん「潮騒のメモリー」含めたアルバムを。


アキちゃんや種市先輩はかわいくてかっこよかった。他にもいっぱいあるけれど、

とにもかくにも、あまちゃんは楽しかった!



chibi hidamari
    オラにはわがらねぇけんど、ひだまりがぬくい最近だっぺ。キムチ用の白菜に一番場所取られちまったけんど。




[2013/09/29 21:55] すき | TB(0) | CM(0)

寒いのに、寒いけど、寒いから 

きーっ!久しぶりに、せっかく書いたのを二度も飛ばして(消して)しまった。あーん、二度目はいい感じに書けてたのにぃ。。
気を取り直して。。


16日の土曜日、大好きで大尊敬の宮川校長先生の「からだの見方」講義を受けに、朝6時のバスでえっちらほっちら東京へ行きました。

せっかくだからと、リズミカル ( 初めて読まれた方、リズミカル?なんじゃそりゃ?と思ったらリズミカル つながり友達2人の に一晩ずつ襲撃し、かつ私が超久々にリズミカルのトリートメントを受けるという、大てんこ盛りの2泊3日の東京ジャーニーでした。

東京に行く時は、だいたいリズミカルか克実(高橋)がらみで、いつも楽しいけど、今回はかなりとっても充実した、本当に楽しい楽しい時でした
久しぶりに会う友達とのお喋りは時間がいくらあっても足りませんね

唐突ですが、自分の話を聞いて笑ってもらうと嬉しくないですか?
私はとても嬉しいんです。
だからって狙った話なんか出来ないけど、私の話でもわりとよく笑ってもらえます。
今回の東京でも、私と話をした人に笑ってもらいました

でもでも! 私も友達や人の話を聞いて、よーく笑います。
麻衣ちゃん( 諏訪在住。双子のお母さん。彼女とのかけがえのない縁も手繰り寄せた )曰く、‘けーこさんは、思いっきり笑うよね!(←いい意味で) 最近そんな風に口広げて笑う人いないもん(←思いっきりいい意味で)

話、飛びます

前日のブログタイトルは「色・ホワイトブレンド」という曲をひらがなにしました。
もう四半世紀も前で(確か)私がとてもとても若い22歳(もっと若いかも??)くらいの若かりし頃のヒット曲です。
竹内まりや作詞作曲、中山美穂が歌っていました。
その頃つきあっていた彼と「竹内まりや、天才だねー!」と生意気言ってました。

この歌は、春になって辛かった(であろう)恋とさよならして、新しい 恋の始まりを歌っています。
歌詞が素晴らしい。と思える歌の一つです。

私は、春が近づくといつもこの曲を思い出します。

まだまだ雪もたくさんで、今年は本当に寒くて寒くて寒いのに、寒いけど、寒いから春の気配を感じるような気がします。

春も夏も秋も冬もいつも笑っているけど、暖かい春は、笑顔がまぶしいですね。

はやくはやくみんなに春よ恋




[2013/02/19 22:12] すき | TB(0) | CM(0)

春の雨とかけてお笑いと説く。その心は・・ 

昨日は節分、そして今日は立春ですね。

節分は季「節」を「分」ける日、特に春になる前日のこと言います。
季節の変わり目は、体調崩しませんか? 
昔は季節の変わり目には‘邪気が生じる’と考えられ、邪気を追い払うために豆まきが行われたそうです。
そうやって邪気を追い払って、万全の体調で春を迎えるようにしていたんですね。

暦の季節は、いつも私達が体感するより早いですよね。
早め早めに私たちに知らせて、身体の準備をするよう促しています。by宮川明子校長

まだまだ寒くて寒くて寒いけれど、今日からは気持ちも身体も向かっていきましょうね 


今朝の「はなまる」ゲストは真矢みきさんでした。
私は「あさいち」派なのですが、今日はたまたまチャンネルを回したら真矢さんが出ていて、『チャンネルはそのままで』状態になってしまいました。

好きなんです、真矢さん。

初めて彼女を「おっ!」と思ったのは、スマスマで木村拓也と夫婦役(?)で社交ダンスしながら、お互いの悪口言ってるコントを見た時。(いったい何年前なんだろう。是非復活して欲しい)
基本的に木村拓也は好きではありませんが、このネタはおもしろくて文字通り、腹を抱えて笑いました。

それから真矢さんを見るともなしに見るようになったのですが、彼女はおもしろい。
今朝もあのハスキーボイスで、受け狙いと分かっていても、あまりに自然で腹を抱えて笑ってしまうあのコメント。
私の(多分)一番大好きな克実(高橋)と同じユーモアのセンスを感じます。


続きを読む
[2013/02/04 23:00] すき | TB(0) | CM(0)